2010年11月27日

35歳以上特奨:3分間の腰痛対策『細胞活性ストレッチ』 東大名誉教授推薦!

跡見 順子.gif


  東京大学 跡見 順子 名誉教授


 細胞活性ストレッチの目的は

 『持っている筋力を発揮できる状態にすること!』

詳細はこちらから

   
慢性腰痛等の改善というより、筋肉を目覚めさせ、パワーアップ!

慢性腰痛などの原因である筋肉のバランスの崩れを、

細胞活性ストレッチにより改善しますが、

その過程で眠っていた細胞や筋肉を覚醒させるので

実は驚くほどパワーアップします。

詳細はこちらから

筋肉は必ず複数の筋肉が協力して働きます。

腰痛は、体幹の筋肉がうまく協力できないことで起こるのです。

従来のストレッチ方法では個別の筋肉を伸ばすことしか目的にされていませんが、

細胞活性ストレッチは連動する筋肉のバランスをしっかりと考慮しています。

それぞれ個別の筋肉のパフォーマンスを最大限に出せる状態にしながら、

同時に、筋肉群としてのバランスの取れた力を引き出せるようにすることが可能なのです。

体幹の筋肉群がバランスよく動けるようになれば、腰痛にはなりません!

詳細はこちらから

筋肉が元気になると、内臓や目、脳などの臓器も順次、機能を回復します。

このことは、東大の実験でも確認されています。

アンチエイジング効果とも言えます。


posted by pika at 18:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。